2017年9月RSウイルス感染症|千葉市の小児科・アレルギー科 さとう小児科医院

さとう小児科医院

  • 0432269522
  • 診療ネット予約
    • 予約フォーム
    • 健康相談

流行している感染症情報

2017年9月RSウイルス感染症

流行している感染症情報 

RSウイルスが流行しています。例年冬に流行する傾向がありました。今年は7月終わりごろから流行がみられていましたが、9月になり2歳以下の乳幼児を中心に患者さんが増えています。特に乳児では、ゼイゼイして呼吸が苦しくなる細気管支炎という肺炎の一種を起こします。発熱が5日以上も続き、せき込みも強く、ゼイゼイして呼吸が苦しくなります。大人や小中学生では、軽い鼻かぜ程度の症状で終わってしまうことがほとんどです。鼻水や咳、痰、よだれで感染する飛沫感染です。風邪気味と思ったら手洗いうがいをしっかりして、マスクでほかの方にうつさないようにしましょう。乳幼児で、鼻水が多くゼイゼイするせき込みが激しければ、早めに受診してください。

ページトップへ戻る